介護日記・幼少期からくる愛着障害

※当ページのリンクには広告が含まれています。

PR/広告

介護だけでなく、幼少期の愛着関係で壊れた心

私は母の介護中にメンタルを病んでしまいました。

その要因は介護だけではありません。

幼い頃から自律神経が乱れて風邪でもないのに吐いたり、めまいで起き上がれなかったり、生理が止まったりという症状がありました。

中学校の思春期の頃から始まり、次第に母との関係が最悪に悪化してきた高校生の頃には若干摂食障害の兆候はあったのです。

食べ過ぎるくらいに食べる、食欲が止まらず、自分でも止められない、そして吐いたり、お腹を壊してしまう。

それが一定期間続くと、今度は急に食べられなくなる、食べることが嫌で仕方がなくなり少ししか食べられなくなる。

摂食障害の症状が悪化した30代の頃が一番のピークで、それに比べると、高校生の頃は症状もそれほど長くは続かず、気にも留めていませんでした。

毒母への憎しみ

食べなさい太ってるくらいがちょうどいいんだから

いつも母にそう言われていました。

太っているくらいがいい?そんなわけないじゃん!

そんな私は今よりもふっくらした体型でそれもコンプレックスでした。

30代になり、摂食障害が悪化して、何年も心療内科に通いカウンセリングを受けていた時に、出てくるのは、母への恨みと・・・

もっとわがままを言いたかった

もっと2人だけの時間を共有したかった

もっとほめて欲しかった、

私を認めて欲しかった

そんな言葉が自分から出るとは思ってもみなくて母への恨みしかないと思っていました。

親の心無い言葉は子供の人生までも変えていく

愛着の問題が生きてきた中で、大きく関係していること、それを知りました。

だから、2度の離婚をして相手に依存したい、そんな欲求が強かったのです。

それを認めて、許してください。

そんな言葉を言われると、もっと自分を責めてしまいました。

許せない母を無理やり許す?出来るわけないじゃん!でも・・・そんな自分はだめなんだろう・・・

グルグルしていました。

毒親を嫌いでいい!自分を責めない!

今ならこう言えます。

許すとか認めることはしなくていい!憎くていい!嫌いでいい!

今の自分は間違っていない!それでいい!

そう、愛着関係で悩んでいる人は自分を責めてしまうのです。

数年前から母のことで苦しくなった時は

大きな声で

お前なんか大っ嫌いだ~!!!

と何度も車の中や誰もいない所で叫びました(笑)

愛着の問題ってそう簡単に改善されないと思うのです。

ゆっくりゆっくり時間をかけてそして、そこに執着せず嫌いなら嫌いでいい!

関連記事

  1. 札幌 福祉支援相談 プリズム 吉田綾子

    母が32年戦った難病、パーキンソン病とはどんな病なのか?

  2. 若年性のパーキンソン病は遺伝する可能性もゼロではないようです…

PAGE TOP