高齢者の配食サービスとは

※当ページのリンクには広告が含まれています。

PR/広告

食で健康を支援する高齢者サービス

最近よく耳にするようになった高齢者の配食サービスを知っていますか?

1人暮らしの高齢者や、食事制限がある高齢者など、食事面で健康管理をしてもらえるサービスです。配食サービスは施設で行っている所もあれば、飲食業でやっている会社もある等、様々な事業所が行っています。

また、メニューも豊富で、高齢者の嚥下機能に応じて刻み食などの細かい配慮もしてくれます。希望によって夕食のみ、昼食のみ、3食と回数も選べて料金もまちまちです。

遠距離介護でなかなか食事にまで手が回らないなど、ご家族の希望もあり配食を頼むケースもあるようで家庭の状況に応じて色々な選び方が出来るのがメリットでもあります。

厚生労働省より

但し介護保険の制度ではないという事

気をつけておかなくてはいけないのが、配食サービスは介護保険の制度ではないため原則として自己負担になるという事です。但し自治体によっては補助が出るという所もあるので、ケアマネージャーや地域包括支援センターに聞いてみましょう。

また自治体で配食サービスを行っている所もあるので、経済的負担が大きい方はそちらを選ぶという選択肢もあります。

札幌市高齢者配食サービス

大阪市生活支援型食事サービス事業

サービス業者の選び方

配食の業者はお住いの地区によっては様々な業者が行っている場合が多いのですが、その中から何を基準に選んでいいのかがわからないという声もあります。

まずは配食を頼む高齢者の健康状態などによって選択肢が決まるという事もあります。食事制限がある場合はそれに応じた対応をしてくれる業者を選びます。塩分調整食なのか、透析食なのか、はたまたダイエットもかねてのヘルシー食なのか。食内容も冷凍で届ける、出来たものを届ける、パウチに入っていて湯銭で温めるものなど、様々な形態があります。

また、嚥下の状況に応じても柔らか目や刻みなど食形態に応じてもらえるか等も決定する要素となります。

高齢者は様々な身体機能が少しずつ低下していくという事も考えながら、その状況に応じて食形態や内容の変化にも対応してもらうことも必要になってきます。

また、1食当たりの金額もまちまちです。3食頼むのか、時々でいいのか、1食なのかによっても金額が変わってきますし、その用途に対応してもらえることもポイントです。

家庭の味まではいかなくても美味しく食べられるものを

長年家庭の味に慣れ親しんできた高齢者も多い中で、配食が味気なく楽しみのないものになってはいけません。

ご本人とどの配食が美味しく食べられるのかを考えながら、お試しで頼んでみることもしてみましょう。配食業者の中には、定期でのお試し期間というものを設けたり、味見でサンプルを持ってきてくれる業者もあります。高齢者の中には病院食と言うイメージがある方も少なからずおり、私が関わった方の中には、配食は美味しくない味気ないという思い込みで、ずっと頼まなかった方もいらっしゃいました。いくつかの業者から試しに数日間お試しで頼んでみると、その思い込みが覆され、今では配食が来るのを楽しみにしているという方もいらっしゃいます。

美味しく楽しく健康にが大切ですね。

食で健康と見守りも

配食サービスの目的のひとつには、安否確認と言う意味も含まれています。毎回食事を配達し、手渡しすることで高齢者の安否を確認しているという業者も多く、地域の見守りサービスの一環でもあるのです。

離れて暮らす家族にとっては食事面も見てもらえ、安否確認までしてもらえるという安心感から配食を頼むという事もあります。

高齢者の食と健康を支える一環として配食サービスがあるのです。

コープさっぽろの夕食配食サービス

関連記事

  1. 札幌 福祉支援相談 プリズム 吉田綾子

    母が介護サービスを利用するまで・訪問介護の利用

  2. 高齢親の介護で抑えておきたいこと

  3. 在宅介護で利用できる、訪問リハビリサービスとはどんなサービス…

  4. 札幌 福祉支援相談 プリズム 吉田綾子

    要介護認定・どのような手順を踏めばいいの?

  5. 介護と食の関係は長生きのコツでもあり高齢者の楽しみでもある

  6. 札幌 福祉支援相談 プリズム 吉田綾子 障がい児(者)支援

    家族介護・介護保険を利用することへの不安解消方法と相談場所

PAGE TOP